お問い合わせはこちらまで

お電話

03-6262-5436

メール

お問い合わせフォーム

新たな研究の紹介 -カロリー過多がなくてもメタボを引き起こす可能性-東京都中央区日本橋のプライベートジム|日本橋駅から徒歩1分

東京都中央区日本橋のプライベートジム筋肉量&筋力up・生活習慣病改善・ダイエット日本橋駅から徒歩1分

新たな研究の紹介 -カロリー過多がなくてもメタボを引き起こす可能性-


新しい研究の紹介です。

簡単にまとめると、

  1. カロリー過多が無くてもメタボを引き起こす食事成分が分かった。
  2. 硝酸塩/亜硝酸塩の不足がメタボを引き起こした。(レタス、ほうれん草などの緑黄色野菜)
  3. マウスでの実験だが、上記成分を不足させた食餌を3ヶ月続けた場合で内臓脂肪蓄積、高脂血症、耐糖能異常が誘発された。
  4. 18ヶ月では有意な体重増加、高血圧、インスリン抵抗性、血管内皮機能不全が認められた。
  5. 22か月投与したマウスでは、急性心筋梗塞死を含む有意な心血管死が惹起された。

これらの影響があったようです。

マウスでの実験なのでヒトにそのまま置き換える事はできません。

しかし、ヒトで言うとすれば「緑黄色野菜が不足すると、腸内細菌叢の異常、アディポネクチンの低下などが起こり、肥満や心血管疾患を起こしやすくなる」といったところでしょうか。

※アディポネクチンとは、糖の取り込みや、脂肪の燃焼促進、インスリン感受性を高めるなどの作用があるホルモンです。

 

以下、日本の研究.comからの引用です。


硝酸塩/亜硝酸塩の不足はメタボ、血管不全、突然死を引き起こす

メタボリックシンドロームは、心筋梗塞や脳卒中などの致死性動脈硬化性疾患のリスクを増加させます。メタボリックシンドロームの成因にはカロリー過剰摂取、運動不足、遺伝などの関与が知られていますが、その詳細な機序は未だ十分に解明されていません。

一酸化窒素(Nitric Oxide: NO)はNO合成酵素から産生されるガス状低分子化合物で、生体の恒常性の維持に重要な役割を果たしています。NOは酸化反応により亜硝酸塩(NO2-)および硝酸塩(NO3-)に代謝されます。硝酸塩/亜硝酸塩は不活性でこれまで単なるNOの代謝産物としての認識しかありませんでしたが、最近になって硝酸塩が還元反応により亜硝酸塩に次いでNOに変換されるという逆の経路が発見され、NO供与体としての新しい役割が近年注目を集めています。

硝酸塩はレタスやほうれん草などの緑葉野菜に多く含有されています。しかし、食事中の硝酸塩/亜硝酸塩が不足すると病気が生じるか否かは不明です。医学研究科薬理学の研究グループは、『食事中の硝酸塩/亜硝酸塩の長期不足はメタボリックシンドロームを引き起こす』という仮説をマウスにおいて検証しました。その結果、低硝酸塩/亜硝酸塩食を3か月投与したマウスでは、有意な内臓脂肪蓄積、高脂血症、耐糖能異常が誘発され、18か月投与したマウスでは、有意な体重増加、高血圧、インスリン抵抗性、血管内皮機能不全が認められ、22 か月投与したマウスでは、急性心筋梗塞死を含む有意な心血管死が惹起されました(図 1~4)。

上記の異常は、内皮型NO合成酵素発現の低下、アディポネクチンの低下、並びに腸内細菌叢の異常と有意に関連しており、これらの機序を介してメタボリックシンドローム、血管内皮機能不全、および心血管死が引き起こされていることが示唆されました。

本研究の成果はDiabetologia誌(インパクトファクター6.2)に平成29年3月28日にオンライン出版されました。論文のURLはこちらです。

https://link.springer.com/article/10.1007%2Fs00125-017-4259-6

本論文の筆頭著者は薬理学の大学院生の喜名美香先生(歯科口腔外科)と坂梨まゆ子助教 (equally contributed authors)で、責任著者は筒井正人教授です。本研究は、医学研究科の歯科口腔外科、第2内科、第3内科、分子細胞生理学、先進ゲノム検査医学との共同研究です。

論文の印刷版はDiabetologia誌の6月号に掲載される予定ですが、本論文の図が6月号の表紙に採用されました(図5)。本研究は「医療 NEWS」「日本の研究.com」「大学ジャーナ ル」「m3.com」を含む多くのWEB サイトで紹介されています。「医療 NEWS」では閲覧数が第1位になりました。


ちなみに、このブログを読まれている方はこういったマウスを用いた研究に関わる事は殆どない方が多いと思います。

マウスの寿命は2~2.5年です。

仮にマウスの寿命が2.5年だとして、ヒト寿命を80年とします。

80÷2.5=32

なので、上記のマウスに3ヶ月投与の場合、ヒトなら3×32=66ヶ月分に相当する、という事になります。

緑黄色野菜が66ヶ月間(約5年半)毎日不足する食生活というのもなかなか無いと考えられるので、そのまま上記の結果を受け入れる事はできません。

また、あくまでもマウスでの結果なので、ヒトではまた反応が変わるかもしれません。

しかし、緑黄色野菜を普段食べない人は、硝酸塩/亜硝酸塩の不足になっている可能性があり、上の研究結果が示すように、健康を害する可能性もあるという事です。

毎日緑黄色野菜を食べる事が望ましいですが、そうでなくても週に2~3回はしっかり緑黄色野菜を取り入れた食事をする事は間違いではないでしょう。


PAGE TOP