お問い合わせはこちらまで

お電話

03-6262-5436

メール

お問い合わせフォーム

筋トレは安全な運動です東京都中央区日本橋のプライベートジム|日本橋駅から徒歩1分

東京都中央区日本橋のプライベートジム筋肉量&筋力up・生活習慣病改善・ダイエット日本橋駅から徒歩1分

筋トレは安全な運動です


よく、運動を勧められるときに「有酸素運動をしましょう」と言われることがあります。

しかし、様々な疾患や体組成の改善において有酸素運動よりも筋力トレーニングの方が優れていると考えられれます。参考↓

代謝改善の最適手段 筋トレ

筋トレは糖尿病に効果的

筋トレがメタボにもたらす効果

骨粗鬆症と運動

筋肉を増量させるには -運動編-

健康づくりも、美容目的のダイエットも筋トレが良いのです。

しかし、よく勧められるのは有酸素運動なのはなぜでしょうか?

 

大きな理由の一つに「ケガをしやすいから」という事が挙げられます。

しかし、これは全くの勘違いです。

よく、無理な運動はケガをするから有酸素運動が良い、という勧め方を人づてやネット記事、掲示板などで見かけます。おかげで、筋トレ=超高強度運動=ケガをする。という認識を持ってしまう人が多くいらっしゃいます。

でも、「ケガをしやすいからまずは有酸素を」と勧める人のほとんどは筋トレをやったことが無い人です。その人もおそらく、ネットや人づてで、筋トレ=危ない、という認識を持っているのでしょう。迷惑な話です。

そもそも「無理な運動は~」と言っている時点でナンセンスです。無理な運動だったら筋トレだろうが、有酸素運動だろうが、水中運動だろうがケガをするのは当たり前です。考えればわかります。しかし、筋トレだけをピックアップして危ないというのは筋トレに対する差別です!ダメ、絶対!

 

The Epidemiology of Injuries Across the Weight-Training Sports.

Incidence of Running-Related Injuries Per 1000 h of running in Different Types of Runners: A Systematic Review and Meta-Analysis.

これらの研究では、筋力トレーニングやその他の運動の1000時間あたりの傷害発生件数がまとめられています。

  1. 一般的な筋力トレーニング:1件未満
  2. バーベルの挙上重量を競うスポーツ全般:2〜4件
  3. ランニング:7.7〜17.8件
  4. サッカー、ラグビー、クリケット:15〜81件

2のバーベルの挙上重量を競うスポーツというのは、無理な運動に当たるかもしれません。ウエイトリフティングクロスフィットなどの競技です。

それでも、よく勧められる3のランニング(有酸素運動)や4の各種スポーツよりも、はるかに傷害の発生件数は少ないという事が分かります。

ジムで行うような筋力トレーニングで言えば1件未満ですから、極めて安全な運動であると言えます。

加えて、血液データのポジティブな変化や、筋肉量・筋力の増加、骨密度の増加、血圧の低下などの効果が得られます。

さらには、筋力トレーニングを行っている人達と行っていない人達がスポーツを行った場合、行っているグループの方が傷害の発生率が低くなります。

 

 

因みに、筋力トレーニングで傷害が発生する場合の原因として

①負荷が重すぎた、②フォームが適切ではなかった、③準備運動不足、などが挙げられます。

これらは自分一人でも気を付ければ、もしくは練習をすれば解決可能ですし、パーソナルトレーナーをつければ全て指導してくれますから尚更安全です。

パーソナルトレーナーを付ける良さと選び方

 

筋トレは有酸素運動と違い、週2~3で効果を十分得られます。少なくとも1回30分、60分あれば十分です。初心者なら週1回でも効果を得られます。

有酸素運動はほぼ毎日取り組まなければなりません。最低150分/週をアメリカスポーツ医学会が勧めています。1回30分でも週5回必要です。体力が向上してきたら250分とか300分行わないとそれ以上の効果を得られません。

時間効率で見ても筋力トレーニングに軍配が上がります。

 

運動を勧められた方、運動を始めようと思っている方は運動の専門家に相談をしましょう

地球上に暮らしているのだから、筋肉を鍛える事は当たり前の事です。

私のお勧めはもちろん筋力トレーニングです!

 


PAGE TOP