BLOG

  • 2019.05.13

ダイエット成功は「やるか・やらないか」だけ。方法は二の次。


ダイエット(減量)をしたい。何をすれば良いですか?と多くの人が聞きたいことでしょう。

しかし、よくよく自問自答してみてください。この答えは既に皆さんの中にありますよね?^^

そうです。単に食べ過ぎている習慣を直せば良いだけです。体重が横ばいなら今の食事から少し量を減らせば良いだけなのです。10〜15%くらい減らす。

または、全く運動していないなら週に2,3回の運動をして消費分を積み上げるか。

減量の答えは、消費を増やすか、摂取を減らすか、です。(そんなことは分かっているんだよ!と聞こえてきそうですが。。。汗)

分かっているんだよ!という声が引き出せたところで冒頭の質問に戻ってみたいと思います。

ダイエットするには何をしたら良いか?

何をやるのかではなく、「やるか・やらないか」だけの問題なのです。

カロリーの入り<カロリーの出

になっていますか?

失敗(というか挫折・諦め)する人には傾向があります。

  1. 上の不等式が達成されていないこと
  2. 簡単に痩せる方法があると思っている
  3. 数日取り組んだだけでもの凄く頑張ったと考える

 

1.カロリーの入りカロリーの出 が達成されていない

これは皆さんが既に理解していることだと、冒頭の文章で書きましたね。

体の脂肪は過去から現在のカロリーの積み重ねです。確かにいきていく上である程度の脂肪は蓄えておくとよい場合もあります。

でも、必要以上に脂肪を蓄積させることは不健康につながる道でもありますから、目安として男性で体脂肪率20%程度、女性で25%程度くらいにはしておくのが良いでしょう。

男性で25%を超える、女性で30%を超えるのは溜め過ぎですね。

もしあなたが標準よりも見た目を良くしたいと思うのなら、甘えたことは言わずに目安値からマイナス5%(男15%、女20%)くらいをひとまず達成する必要があるかもしれません。そこに到達してから次の目標・理想を決めれば良いのです。

目標値に達するまで【カロリーの入り<カロリーの出】を繰り返す必要があります。

物事はシンプルに、体重が増えているなら食べ過ぎていて、減っているならカロリーが不足していて(減量の場合ならこれで良い)、変わらないならカロリーの出入りはトントンだということです。

続けることが一番大事です。

 

ネット、友人、テレビなどから定期的に湧いてくる専門家の否定的意見、これらは一切無視して、自分がこれをやると決めたものをやり続けてください。

本当に不健康なやり方だ!というのは皆さん直感的に分かっているかも知れません。絶食を何日も続ける、1日〇〇しか食べない(例えば野菜だけ、バナナだけ)とか。

でもそれ以外のやり方を数週間、数ヶ月続けてもさほど健康に大きな影響はありませんよ。人間の体はそこまでヤワじゃないです。

有名な投資家ウォーレン・バフェット氏は毎朝マクドナルドでハンバーガーとコーラを買います。朝食は毎日これのルーティン。御年88歳。

高齢ながら、つい先日の株主総会でも記者・株主からの質問にもはっきり答える事ができており、元気そうだなという印象でした。頭がしっかり回転しているのは元気な証拠ですね。

 

むしろ『太っている今の状態の方がよっぽど不健康と納得できる理由を述べた人もいます(投資家:与沢翼氏)。この方は見るからに肥満でしたが、2カ月半で20kgくらい減量しています

減量前は↓

ツイッターをフォローしているので彼の減量中の行いをずっと見ていましたが、何も考えずに決めたことを実行するのみでした。筋トレして食べない、この2つだけです。絶食や1日1食1.5食などを織り交ぜながら実施されていました。

やはり、けることが一番大事です。

 

2.簡単に痩せる方法があると思っている

この考えがどこか根底にあるから色んな方法を目にしたときに心が揺らいでしまうのですよね。ホント困ったものです。

先ほども言いましたが、物事はシンプルです。

運動して、食べる量を減らせば痩せます。

また同じ事の繰り返しになっては面白くないので、抜群のスタイルを維持されている菜々緒さんの言葉を借りたいと思います。

 

3.数日取り組んだだけでもの凄く頑張ったと考える

これは沢山の方を指導してきて感じるのですが、ものすごく多いです。

たった1週間そこそこ取り組んでいて、目に見える大きな成果が出ないときに聞こえてきます。

この場合、適切な減量を行うとどのくらいの減量が出来るのかを知らないことが原因です。つまり妥当なラインを知らない。

妥当な減量幅が分かれば、直近1週間などの自分の減量幅が良いのか悪いのかを判断できるので、『頑張ったのに落ちない...なんで?』みたいなネガティブな感想は出てこないはずです。

 

減量開始するのが60㎏の女性だと仮定しましょう。

まず、最初の3~5日程度で水分が抜けるので一気に体重が落ちます。2㎏くらい減るかもしれません。

1日あたり500gくらい減るんですよね。これはインパクトが大きいです。

最初の1週目はこんな感じです。

ここで良くないのは、これがずっと続くと思ってしまう事です。

ダイエットのテクニックに詳しく書きましたので参考にして頂くと良いのですが、60㎏くらいの人なら1ヶ月で2.5㎏程度の減量が出来ればかなり上出来なんですよね。

つまり1週間に600g程度落ちればかなりいいペースという事になります。

1日100g減るか減らないかのレベルです。

最初の1日500gとか減っていたころと比べると全然成果が上がっていないように見えます。

これが挫折の原因。2週目から(あるいは5日目以降あたりから)頑張っているのに減らない・・・となるわけです。

 

実際は最初は水分が減っただけ=痩せていない、その後ゆっくり脂肪が減る=痩せる、というプロセスを辿ります。

 

これが理解できれば、頑張っていても成果が出ない~!と落ち込む必要はありませんね(^_-)-☆

毎週500gを積み重ねましょう。2,3ヶ月頑張れば5㎏は減りますよ。

菜々緒さんの言葉を思い出してください!

―今のままで良いと思っている―のではないですか?

 

まとめ

どんな優れた方法も結局やらなければ無意味であります。

また、たった○日で、なんて甘いものは世の中には存在しません。(もしそんな方法があるのなら私はパーソナルトレーニングジムを畳んでそれを商売にするでしょう)

結局、やるか・やらないかの所に帰結します。

ダイエットに限らず、仕事も遊びもそうですね。世の中の心理なのかもしれません。

最後スケールの大きな話になってしまいました。精神論かよ!って思った方もいらっしゃるかもしれませんね。

お客様はいろんなダイエットのやり方があるのは知っている。パーソナルトレーナーは、その背中を押すだけの存在なのかなと思っています。

もちろん、トレーニングプログラムや健康的な食事の方法は沢山勉強した中からチョイスしますけどね!

もし、一人で前に踏み出せない場合はトレーナーを頼ってみると良いかもしれません。