Blog

2022.05.21

女性の栄養に関する留意点

不十分な栄養がもたらす健康上の問題 起こりうる健康上の問題としては、月経障害、低BMD(骨密度)、心臓血管系機能不全、筋骨格系損傷、うつ、社会的孤立、および生活の質の低下などが含まれます。 これらの健康問題は互いに無関係ではなく、ある問題が別の健康問題につながっています。 栄養不足は、長期的に負のエネルギーバランスにさらされることと定義できます。すなわち、摂取エネルギーが消費エネルギーを大きく下回っている状態です。 しかし言うまでもなく、十分なビタミンとミネラルを摂取することは、最適な健康状態にとって重要な要素です。 特に運動を行っている方は、月経と身体活動に対す...

2022.05.19

ジムトレーニング版 間違いない4種目

前回は、自宅トレーニング版 間違いない4種目だったので、今回はジムで行う際の種目です。 この4種目さえ行っておけば全身が鍛えられます。 10回3-4セットずつ行えば所要時間は大体30分くらいで終わるので、時間効率も抜群です。   スクワット またスクワットかよ、って感じですが絶対外せない種目です。 一番最初に紹介しているという事はそれだけ大事な種目という事です。 最も多くの筋肉を使うので、最悪これさえ行っておけばよいと言っても過言ではありません。 ジムでは自宅と違ってバーベルを担ぐことが出来るので、下半身にかかる負荷も段違いです。 また、...

2022.05.17

ジム初心者の為の時短トレーニング

忙しくてジムに行けない! 行くけど何をしたらいいか分からない! 時間がそんなに取れない! と、いう方の為に今回はジムで行うべき筋トレマシンプログラムを紹介します。 一度ジムスタッフやトレーナーについてもらったことがある方も読んでいただけると幸いです。 基本的には部位別に特定の部位のみを鍛える目的ではなく「全身を満遍なく鍛える」ことを前提にしております。 また、フリーウエイトは最も効果が高いですが、一般フィットネスクラブにて行うと設備が少ないなかそれを全員でシェアするので自分がやりたい時にできない。その為、時間効率がよいとは必ずしも言えないので今回はマシンで解説します。 また、やる...

2022.05.15

EMS(電気でピクピク)は筋肉に効くのか?

最近、テレビや雑誌などの広告でよく見かけるフィットネス機器があります。 コレです。 メーカーや商品名問わず、この手の商品が活況を呈しています。 仕組み・理論は簡単にいうとこうです↓ 筋肉は脳からの電気信号によって収縮します。 脳からの指令(電気信号)に加えて外部(EMS)からの電気信号でそれを増幅させ筋出力を高める、といった感じの理論です。 一般の方はこれを付けて過ごせば筋肉が鍛えられると考えている方もいるようです。 しかし、実際にこのマシーンの効果が期待できるのはEMSをかけながらしっかり筋トレを行うという事です。楽して効果を出せるという意味...

2022.05.13

ダイエット成功の秘訣は習慣化できるかが全て

減量をしていくには、1日の消費カロリー>1日の摂取カロリー、を積み重ねていく事が必要です。 たったこれだけ、シンプルです。 減量に取り組む方にとっては、習慣ではない事に取り組む事になるので、新たに取り組む事項をいかに習慣化するかが減量を成功させる鍵になります。   減量に取り組みたいと思っている皆さんは、既に現在の習慣の上に自分の身体が出来上がっていると認識しなければなりません。 それをもとに、その習慣のどこを改善すればよいのかを考えます。あとは実行し続けるだけでなにも難しくはありません。 ただ、現在の習慣はアナタにとって快適な領域なので、それを壊したくな...

2022.05.11

2型糖尿病の方は運動を。ぜひご相談ください。

2型糖尿病は生活習慣病のひとつです。 生活習慣が原因ですから、在宅の機会が増える今、そのリスクは一層高まっていると考えられます。 新型コロナの感染リスクを下げるために"Stay at Home"をしなければならない一方で、基礎疾患を抱えてしまったりその予備軍となった場合に万が一新型コロナに感染すると重症化、最悪の場合は死亡に繋がります。(これは推測ではありますが、米国やイタリアなどで死亡数が極めて多いのは肥満→なんらかの基礎疾患持ちが多いのではないかと考えられます。東アジアで死亡例が少ないのは痩せ型だからかもしれません。今後の分析・研究を待ちたいところです。) 生活習慣の改善が2型糖尿病...

2022.05.09

【重要】体重管理のための測定方法

ご自宅に体重計がある家庭は多いと思います。 自宅で体重を測定するのは健康管理や体型の管理をするのに最も必要な事です。 結論から言うと、 毎朝の起床時の体重を測定・記録していきます。それ以外の数値は図ってもあまり意味がありません。 厳密には体重計の数値を最重視するのは避けたいところです。なぜなら、ダイエット中でもトレーニングなどで筋肉量が増えれば、体重は増えるからです。 ※体型を評価するのは見た目(主観値)と体脂肪率(客観値)です。 それでも体重の『数字』はおおよそ自分の身体の傾向を知るのに役立ちます。 今回は自宅での正しい測定の仕方をレクチャーしたいと思います...

2022.05.06

JAXA 筑波宇宙センター見学 感じた事 ~筋肉って大事~

2017年9月18日のリライト記事です。 2017年9月18日にJAXA筑波宇宙センターを見学してきました。 そこで感じたことを簡単に書いていきたいと思います。 ↑JAXAのロゴ IGFはお客様が自宅でのトレーニングを効率よくできるよう、YouTubeを通じてエクササイズ解説や豆知識を発信しております。ぜひご覧ください!チャンネル登録よろしくお願いいたします! ヒトは地球上に居る限り重力を受けながら生活しています。 その重力に抗いながら自分の意志通りに行動して人生を謳歌することになるので『筋肉が重要ですよ』という事は度々ブログを通じて発信してきました。 宇...

2022.05.04

【エクササイズガイド】スプリットスクワット 自宅トレーニングにオススメ

ベーシックなスクワットはバーベルを担がない限り、トレーニング強度としては低くなります。 やり始めの頃は10~15回ほど行えば結構疲労したかもしれませんが、それも数回のセッションで慣れてきて効果を感じにくくなります。 というのも、ヒトは普段座っている状態から立つという動作を日常で何度も繰り返しているため、重りを担がない両脚のスクワットは筋肉を大きくしたり、強くするのには不十分なものとなります。特に自宅で運動を行っている人が直面する問題です。   そんな時にオススメなのが、「スプリットスクワット」です。 スプリット(split) とは、分裂、分割の意味を表す...

2022.05.03

【エクササイズガイド】Push Up(腕立て伏せ)

自宅トレーニングはIGFのYouTubeをご覧ください!ビギナー向けやライトユーザー向けに発信しております。 YouTubeフィットネス チャンネル登録も宜しくお願い致します! 腕立て伏せ解説 腕立て伏せは、伝統的なエクササイズで上半身を鍛えるのにはもってこいの種目です。 英語では「Push Up(プッシュアップ)」と言います。 正しく行うと非常にきつい種目で、自宅での運動でも十分な負荷を筋肉に与える事が出来ます。 初心者や女性でも出来る方法で紹介していきます! 【主に鍛えられる筋肉】 大胸筋(胸) 上腕三頭筋(二の腕) 三...

BACK / NEXT