Blog

2019.02.19

ダイエットにおすすめ アボカドの使い方

アボカドは健康にいいといったイメージで取り上げられることが多いですよね。 なので多くの人が、「ダイエット」や「デトックス」のように、身体をより良い方向に向けるために食べると良いものだと考えている方が多いです。 実際に間違ってはいないのですが、使い方を間違えると思うような効果を得られるどころか、逆に望んでいない効果に導かれる可能性がありますので注意が必要です。 栄養と身体づくりの観点から良い使い方を探っていきたいと思います。   アボカドの栄養 主たる栄養素 1個あたり カロリー:260kcal タンパク質:3.5g(14kcal) ...

2019.02.18

ダイエットに最も効果的な運動の種類とは?

運動には色々な種類があります。 ジムで行うものや、自宅で行うもの、スタジオやスポーツなど。 今回は好き嫌いを一旦隅に置いておいて、種類と得られるであろう代表的な効果を述べたあと、総合的に見てどれがダイエット・シェイプアップにとって効率の良い運動かを考えてみます。 種類 ウォーキング、自転車等の有酸素系 筋トレ系 ストレッチ、ヨガ 等のリラクゼーション系 エアロビクス 等のスタジオ系 大きく分類するとこんな感じでしょうか。 その他スポーツは分類すると大変というか、スポーツは複合的な体力要素が絡み合うので今回は無視します。(例:ゴル...

2019.02.16

認知症予防と運動

認知症は加齢に伴う病変の一つです。 (1) このように右肩上がりに認知症患者が増えてきています。 認知症の危険因子には遺伝的なものとそうでないものがあります。 遺伝ではない因子として、加齢が挙げられます。 また、女性は男性よりも長生きするため男性よりも有病率は高くなります。 肥満、高血圧、高コレステロールを伴う心臓血管系疾患と糖尿病は、血管性認知症とアルツハイマー型認知症に関連します。(2) 教育レベルが低いと認知症を発症する可能性が高まるようです。   認知症と運動 運動は認知症発症リスクの低下、進行を遅らせる可能性があります。 ...

2019.02.15

【筋肉を付けたい人へ】高齢者でも筋肉はつくのか?

日本にはダイエットを目的としたジムが数多くあります。 毎年、様々なダイエット法が生まれていることから、人々にとってダイエットは永遠のテーマなのかもしれません。 一方で世の中には筋肉を付けたい、細身なのがコンプレックスと考えている人も多いのも事実です。 そういった方の為にも、今回の記事は有益な情報となると思います。   筋肉が少なすぎる状態を表すサルコペニア 筋肉は加齢とともに減少します。 近年、医学界では「サルコペニア」というワードが良く出てくるようになりました。 サルコペニアを簡単に言うと、筋肉量の著しい減少で、握力、歩行速度が低下している状...

2019.02.14

体脂肪を燃やす有酸素運動

こんにちは。 今回は体脂肪を燃やすのに効果的な有酸素運動のことについて話します。   先ず、体脂肪を落とすのには走らないと!と、いうのは間違いですね。 筋トレをしても体脂肪は落ちます。 有酸素運動で体脂肪を落とすことはあくまでも方法の1つに過ぎません。 それは一般のお客様はイメージが湧かないかもしれませんが、指導者なら誰しもが知りうることですね。 そのことを踏まえた上でどのように有酸素運動を取り入れるのが効率的かをお伝えしていきます。   先ずは有酸素運動とは 「好気的代謝によってヘモグロビンを得るため長時間継続可...

2019.02.12

便秘の弊害 3つ挙げてみる

便秘に悩む方は男女問わず結構いらっしゃいます。特に女性では多い傾向にありますが。 便秘の定義 便秘の定義は明確には無いようです。 日本内科学会:3日以上排便が無い状態、または排便があっても残便感がある状態 国際消化器病学会:排便回数が週3回未満 などとしています。大体、2日に1回あればOK、3日以上無いなら怪しいと思った方が良いでしょう。   便秘の影響 便秘は身体にとって色々な悪影響を及ぼします。 腹痛 美容に良くない 大腸癌のリスク 大きく分けてこれらが挙げられます。 1.腹痛 お腹が痛くなるのはかなりキツい...

2019.02.08

【腹筋】器具が無くても簡単に鍛える方法

多くの人は「腹筋を鍛えるとお腹が凹む」と考えています。 その為、腹筋エクササイズは人気のカテゴリーです。 例えばバランスボールや、○ンダーコア等のような商品がよく売れます。 しかし、腹筋の鍛え方として望ましくない方法があります。 読者にはまずは安全に運動に取り組んでほしいので、ここから簡単に解説していきたいと思います。   やらない方がいい腹筋 体幹部を屈曲させる腹筋は望ましくないです↓ 床上でも、バランスボール上でもこの方法は多くの人が実施しています。 このやり方だと腰を痛める可能性がとても高く、最悪はヘルニアを誘発する動きとな...

2019.02.07

コレステロールの話

こんにちは。   健康診断の際にコレステロールという言葉はよく耳にすると思います。 医師から高いor低いなどなど。   トクホの飲料のCMでもしばしば取り上げられている言葉ですね。 そんな、コレステロールについて記載していきます。   先ず、コレステロールとは脂肪に似た物質で肝臓で作られます。 そして単にコレステロールと言えど様々な種類があります。   ・中性脂肪 ・HDLコレステロール(善玉) ・LDLコレステロール(悪玉) ・アポタンパク・・・etc これらを含...

2019.02.01

筋肉痛はこなくても良い。やった感は必要ない

筋肉痛の痛みは運動のモチベーションに関わってきます。 運動の嫌いな人にとって、筋肉痛は苦痛でしかないので動機づけとしてはマイナスに働きます。 運動が好きな人にとっては筋肉痛があった方が、「前回のトレーニングで頑張ったんだな→成果が得られるな」という考えになるので、ポジティブな印象を与えます。 中には筋肉痛が無かったためにあまり効果がなかったのではないか?と思って落ち込む人もいます。   「筋肉痛=遅発性筋肉痛」は、運動の後に起こるもので、慣れない身体の使い方(新しい刺激)や高強度の運動(強い刺激)が与えられた後に起こりやすいです。なぜ筋肉痛が起こるのかと...

2019.01.29

目的と手段 続ける事が一番難しい&一番大事

身体づくりに取り組む人の殆どが、目的と手段をごっちゃにして考えています。 ここでは「ダイエット」に関して書いていきたいと思います。   毎年、雑誌やTVなどで様々なダイエット方法が紹介されています。 殆どが運動と食に関する事で紹介されています。 どんなものがあるか簡単に列挙してみます。 「運動」 有酸素運動(自転車、ランニング、ウォーキング) 筋トレ(マシーン、バーベル、自重トレーニング) ヨガ、ピラティス など 「食事」 置き換え食 低糖質食 カロリー制限食 ファスティング 1日...

BACK / NEXT