BLOG

  • 2019.01.29

目的と手段 続ける事が一番難しい&一番大事


身体づくりに取り組む人の殆どが、目的と手段をごっちゃにして考えています。

ここでは「ダイエット」に関して書いていきたいと思います。

 

毎年、雑誌やTVなどで様々なダイエット方法が紹介されています。

殆どが運動と食に関する事で紹介されています。

どんなものがあるか簡単に列挙してみます。

「運動」

  • 有酸素運動(自転車、ランニング、ウォーキング)
  • 筋トレ(マシーン、バーベル、自重トレーニング)
  • ヨガ、ピラティス

など

「食事」

  • 置き換え食
  • 低糖質食
  • カロリー制限食
  • ファスティング
  • 1日1食

など

最近では「チョコレートを食べると痩せる!」とか「プランクをやるとお腹周りがすっきり・骨盤の矯正になる」などという記事も見かけました。めちゃめちゃ怪しいです。

結局どの方法が効果が出るのよ?ほんとに出るのかよ?と思われる方も多いと思います。

 

これからダイエットに取り組もうと考えている方からの質問も、○○という方法はどうなんですか?効果あるんですか?という形式で頂くことが多いです。

大体私はこう答えます↓

マスコミから得られる情報は99%がテキトーです!

理由は簡単で、そういった情報は読者・視聴者に痩せてもらおうなんてこれっぽちも思っちゃいないからです。

読まれることが目的で書かれています。

だから飽きられないように物珍しい事を情報化・発信しています。

一方で、ダイエット(というか一定ラインで体型を維持する事)を定期的に喚起している点では良い事だと思います。

 

上記に列挙した運動や食事の方法は全て手段です。

取り組む方々は痩せる事が目的なので、そこに健康的に最速にたどり着ける手段を選択する事が大事です。

そして、ダイエットの原則は

痩せる=消費カロリー>摂取カロリー

なので、消費を増やすか、摂取を減らす、またはその両方、が必要です。

だから方法は健康的に最速にたどり着ける手段なら何でもいいから、それを結果が出るまで続けるようにしましょう。

手段が目的になっている人は、1-2週間で今取り組んでいる事を辞めたりして、あれもこれも代わる代わる手を付けたり、やめたりを繰り返す人が多いです。

手段が目的になっている人は、芸能人が紹介した方法をすぐに取り入れたりします。芸能人は特にそれをやり続けているいるわけではないのですが、、、

 

ここでいう目的は「痩せる事」、手段は「消費を増やすor摂取を減らすorその両方」

  • 消費を増やす=運動する

運動する→筋トレ?ヨガ?ジョギング?

どれが消費を増やしてくれるかはすぐにわかりますね?(コチラも参考にしてみてください)

  • 摂取を減らす=カロリーを抑える

食事量減らす?糖質制限?ファスティング?1日1食?

ファスティングは一時的効果(脱水)ですね。

ヒトには体内で作れない必須栄養素があり、それは食事から補わなければなりません。

ファスティングや1日1食は良い方法ではないですね。

おのずと絞れてくると思います。

冒頭のチョコレートを食べると痩せる!←コレ、カカオ90%とかのチョコですよ?いわゆる甘いチョコではないという事です。チョコは脂質も高いので、高カロリーです。ダイエット中なのにカロリーを加えてどうするの?って感じです。

苦いチョコレートを食べて、本当に甘いものを食べたいという欲求がまぎれるのかも疑問です。

 

プランクを何分もやるより、同じ時間スクワットした方がよっぽど効果的です。

 

まとめ

手段を精査して効果を出せるようになればダイエットは簡単になるので、あれこれ目移りせずに、最も効果的な手段をまずは取り組んでみましょう。(糖質制限代謝改善の手段 筋トレ

毎年の「痩せなきゃ…」というストレスからも解放されますよ。