BLOG

  • 2020.01.08

新国立競技場に行ってきました!


こんにちは!トレーナーの佐藤です。

先日1月1日にサッカー観戦の為に新しくなった国立競技場へ行ってきました。

国立競技場へは前回は7〜8年前に、これまた天皇杯の決勝へ行きました。

新しくなった国立競技場はとても綺麗でかっこいい雰囲気で当初の予定とはデザインが変わったことはあまり気にならないくらい良かったです。

1層目(1階)の最前列で見ましたが包み込むようなスタジアムの形、見上げたときの空の抜けるような感じは壮観でした。

スタジアムの形状から声も響いて、それまた雰囲気が良かったです。

また、AEDの数が9台から20台へ増えていたので安全への意識がより高まったのかな、とも感じました。

あれだけ大きい会場で収容人数で、限りなくAEDを届ける時間を短くする為にはAEDの数は必要不可欠ですよね。

また、新国立競技場はスタンドがシンメトリーではなく、南サイドのスタンドがばっくりと席がありません。

搬入用のゲートのようなものがある為です。

いちサッカーファンとしてはフェアじゃない点からあまり良い気持ちはしませんでしたが、これも救急車など緊急時はもちろん、物の搬入時には必要なスペースです。

かなり安全管理が向上していますね。

運動とは関係ありませんがより良い施設づくりや安全管理について勉強になりました。

トレーニングは関係ありませんが新国立競技場の良い点を箇条書きで紹介します。

・トイレが全く混まない

(3回程度トイレに行きましたがいずれも待ち時間ゼロで驚きました。入場者数は5万7千人)

・飲食店の行列が気にならない

(分散されているので待ち時間が長すぎることはない)

・景色が綺麗

(見上げた際の景色は本当に良かったです)

・席の傾斜が急なのでアスリートとの距離が近く、迫力がある

・席は狭いが折り畳み式の席なので立てば広い

・公共交通機関を利用しても道中混雑しない

(味の素や日産、鹿島はかなり混むので驚きました)

前評判はあまり良くなかった新国立競技場でしたが自ら体験するとそんなことはなく、総合型のスタジアムとしてはかなり良いのでは?と思いました。

サッカーの試合ではJ1リーグで平均2万人〜3万人程度が動員されます。

しかし、今回は5万7千人・・・それなのにいつものスタジアムよりも快適に、混雑を感じずに観戦することが出来たので本当に驚きました。

(銀座線も工事の影響でまともに稼働していないのに・・)

鹿島アントラーズのファンなので鹿島スタジアムに良く行きますが、3万人を超えたらかなり大混雑します。

味の素スタジアムも4万人も入れば駅までかなり混みます。

このように都心のスタジアムで感じる混雑によるストレスが無いのは素晴らしいと思います。

人の導線をしっかりと把握して作られているんだな、と考えされられました。

施設の安全管理のことは勿論ですが、トレーナーとして世界屈指の選手であるイニエスタ選手・ポドルスキ選手・ビジャ選手の動きを生で見れたことは感動しました。

本当に一つ一つのプレー(動作)がクオリティ高く、周りを見ていて、長い距離のパスも通り、違いを見せつけられました。

身体の使い方が上手い、とは言いますが流石世界トップレベルですね。笑

勉強になります。

トレーニングにはあまり関係ありませんがせっかくなので記事にしてみました!

最後までお読みいただきありがとうございました。


IGF CLOUD

IGF cloudは「インターネットの中にあるフィットネスクラブ」です。
IGF cloudでは、お客様の食習慣を個別に管理・評価を行います
加えて運動プログラムと身体づくりに関わるあらゆる情報を整理し、
それらをお客様へ提供する事で理想の身体へ導きます。