Blog

2020.06.09

スマートウォッチの使い方 心拍測定可能な腕時計

3年半ほど前にスマートウォッチを買いました。 HUAWEIというメーカーの「ファーウェイ2」という腕時計です。 さすがに3年半使ったので、もう動作が悪く今は使っていません。 (10万円の給付金でAppleウォッチ買おうかな。笑) タイマーやアラームをセットするのはもちろん、電話やメッセージ(メールやLINEなど)の着信も伝えてくれるので、作業効率も捗ります。 有酸素性運動のガイドラインにあるように、歩く・走る、自転車、水泳などの有酸素性運動を行う場合、心拍数が測れないと効率的なトレーニングが出来ません。 心拍数がトレーニングの効果を決めるからです。 ...

2020.06.06

【症例】高齢者 72歳 男性 食道癌術後 トレーニング

今回はお客様の結果を紹介します。(リライト・再投稿です) 同じような方への参考になればと、了承を頂いての掲載です。 年齢・性別・健康状態の有無にかかわらず、筋肉を付けたいとお考えの方には全てあてはまります。 今回の症例は高齢のお客様ですが、高齢の(しかも胃癌と心臓の手術をしている)人がこれだけ十分な成果がでるならば、健康な若い人、中高年層の方も確実に筋肥大をすることが出来ます。 しっかりと計画された食事・栄養戦略と適切な筋力トレーニングを実施していけば、おのずと筋肉は増えてきます。 食道癌だけでなく、胃癌の方も基本的に同じアプローチが有効と考えられるので、参考にし...

2020.06.04

新型コロナウイルスと熱中症予防

新型コロナウイルスの流行により、極力マスクを着用しながら生活をしている方が大半だと思います。 しかし、マスクの着用は体温が上がりやすく、これから夏に向かって熱中症のリスクが高くなるためこの点にも気をつけなければなりません。 熱中症も死につながる可能性があります。 所属している日本感染症学会より、「新型コロナウイルス感染症の流行を踏まえた熱中症予防に関する提言」が発表されたので簡単に共有します。 ①屋内においては、室内換気に十分な配慮をしつつ、こまめにエアコン温度を調節し室内温度を確認しましょう。 ②マスク着用により、身体に負担がかかりますので,適宜マスクを...

2020.06.03

転倒予防には運動がよい?

筋力が衰えてくると、高齢者だけではなく中高年層の方も転倒のリスクが高まります。 私のお客様にも中高年になってからの転倒を経験されている方が結構いらっしゃるので、けっして他人事ではないと読み進めていただければと思います。※短い記事なのですぐに読み切れますよ^^ 転倒によりケガをする可能性は高まりますし、最悪は骨折などの重傷を負う可能性があります。 特に細身(筋肉量の少なさにより)の女性は骨密度が低く、中でも50歳以上の女性は閉経と相まってより骨密度が低いので骨折リスクは高まります。 なので、骨折を予防するためには骨密度を高めるための手段を取らなければなりませんが、そもそも...

2020.06.01

ダイエット・健康に繋がる趣味

6月になりました。コロナ禍での在宅ワークにより、時間が少しできたという方もいらっしゃるかもしれません。 できれば健康に繋がる趣味を見つけたいと友人からの相談を受けたのでいくつか提案してみました。 これをブログをご覧の皆様にも共有して、健康へプラスに関わる趣味を始めてみる方が増えると良いなと思います。 ウォーキング、散歩 ジョギング 登山 サイクリング 水泳 初心者からでも入りやすいもの(体力・コスト面で)を挙げてみました。 1.ウォーキング、散歩 歩くだけなのですぐに始める事ができますね。 ウォーキングならば歩数は1万歩を目指したいですね。 デスクワーカーの方が...

2020.05.29

ジム初心者の為の時短トレーニング

忙しくてジムに行けない! 行くけど何をしたらいいか分からない! 時間がそんなに取れない! と、いう方の為に今回はジムで行うべき筋トレマシンプログラムを紹介します。 一度ジムスタッフやトレーナーについてもらったことがある方も読んでいただけると幸いです。 基本的には部位別に特定の部位のみを鍛える目的ではなく「全身を満遍なく鍛える」ことを前提にしております。 また、フリーウエイトは最も効果が高いですが、一般フィットネスクラブにて行うと設備が少ないなかそれを全員でシェアするので自分がやりたい時にできない。その為、時間効率がよいとは必ずしも言えないので今回はマシンで解説します。 また、やる...

2020.05.26

YouTubeチャンネル開設!チャンネル登録よろしくお願いします!

IGFはYouTubeチャンネルを開設しました!(^O^) 2019年10月中旬ごろから順次投稿してきて、コンテンツも充実してきています。 しかし、やってみるとかなり大変ですね... 企画や構成、撮影までは比較的スムーズに進むのですが、特に編集が... 始めたばかりの頃は、たった2分弱の動画を作るのに1時間半くらいかかりました。編集だけで。例えば↓ (初心者向けおすすめメニュー) これから試行錯誤しながらも頑張って続けたいと思います(^-^; コロナ禍でのおすすめの再生リスト(自宅で出来るトレーニング)もあります。 是非チャンネル登録とグッド評価とグッド評価とグッド評価 をよろしく...

2020.05.24

座り過ぎは不健康のもと(30~60分おきに立ちましょう)

座っている時間は長ければ長いほど不健康に繋がります。 1日8時間以上座っている人は、病気に罹患するリスクや死亡リスクが高まる可能性があるとされています。 それでは詳しく見ていきましょう↓ 座位が長い時の身体の反応は? 座位は下肢の筋肉を殆ど使わないので、筋肉は衰えていきます。 下肢の筋肉は身体の中で最も大きい筋群です。これが活動しない、さらには衰えていくと、消費エネルギーもかなり小さくなっていくので太りやすくなるわけです。肥満や糖尿病に繋がります。 また、心臓から送り出された血液も下半身に溜まりやすくなります。血液(体液)は筋肉の力を使って上半身に戻していくのですが、座位では筋肉が働か...

2020.05.23

代謝改善の最適手段 筋トレ

身体作りには様々な方法があります。 ジムで行うものや、自宅で行うもの、スタジオやスポーツなど。 まずは好き嫌いを一旦隅に置いておいて、運動の種類と得られるであろう代表的な効果を述べたあと、総合的に見てどれがダイエット・シェイプアップにとって効率の良い運動かを考えてみます。 種類 ウォーキング、自転車等の有酸素性運動系 筋トレ系 ストレッチ、ヨガ 等のリラクゼーション系 エアロビクス 等のスタジオ系 大きく分類するとこんな感じでしょうか。 その他スポーツは分類すると大変というか、スポーツは複合的な体力要素が絡み合うので今回は無視します。(例:ゴルフは歩く時は有酸素運動、...

2020.05.21

筋トレ効果を上げる栄養摂取のタイミング

トレーニング(筋トレ)をするにあたって、栄養はセットで考えなければならい項目です。 そして、筋トレと同時に実施していかなければなりません。 一般の方々が栄養を摂る際に考える事は、 量 質 だと思います。殆どの方はこう考えるでしょう。 しかし、トレーナー(身体づくりのプロ)は、何を・いつ・どれだけ摂るか、という事を考えます。 つまり、 3.タイミング を考慮する事になります。 今回は筋トレの効果を高めるために、栄養をいつ摂ればよいのかを書いていきます。 何を目的としてタイミングを考えるのか 大きく4つの目的に分けられると考えられます。 筋トレのパフォーマンスを向上...

BACK / NEXT