BLOG

  • 2021.09.22

肥満・生活習慣と癌(がん)


肥満は現代の病気の様々な引き金となります。

糖尿病、脂質異常症、痛風などの所謂「生活習慣病」、腰痛や膝の痛みなどの「整形外科的疾患」、冠動脈疾患、脳梗塞、睡眠障害、癌など様々です。

その中でも今回は「癌」と生活習慣・肥満について確認していきたいと思います。

癌は現代人の2~3人に1人かかると言われています。

ここまで急増したのは、高齢化や癌細胞を発見する精度が上がったことも要因です。また、生活習慣も大きく関わっていると考えられます。

肥満・メタボは現代人に非常に多い体型です。

肥満は、食道、大腸、肝臓、すい臓、腎臓、乳房(閉経後)、子宮体部などの多くの部位の癌のリスクを「確実に」上げる事が示されています。胆嚢、前立腺、卵巣の癌のリスクを上げるのは「ほぼ確実」とされています。

また、男性はBMI18.5未満の痩せがリスクを上げる「可能性あり」と判定されています。

何らかの癌での死亡リスクはBMI23~25未満と比較して、30を超えるグループに於いて約30%ほど増加します。27を超えるあたりから増加してくるので注意が必要です。19未満でも顕著に増加するというデータが出ています。

BMI=体重(㎏)÷身長(m)2乗

 

なぜ肥満が発がんと関係するのか?

肥満はインスリン抵抗性を招きます。その結果、インスリンやIGF-1といったホルモンが腫瘍細胞の増殖を促したり、アポトーシス(細胞死)が抑制される事で、癌のリスクを上げると考えられています。簡単に言うと、細胞が蓄積されやすい状態になるという事です。

また、肥満は全身において炎症状態を招きますので、そういった点もリスクを上げると考えられています。また、逆流性食道炎は肥満に多い病気なので、食道が炎症を起こし、食道癌に繋がっている可能性があります。

現在の日本人の食道癌は喫煙と飲酒が原因とされています。が、これも生活習慣ですね。

一方、痩せの場合は免疫力が落ちる事が推定されます。

 

根本的な予防策

癌は上記のように肥満や生活習慣でリスクが上がってしまうので、自身で出来る限りの予防はしておくに越したことはありません。

癌細胞ではミトコンドリアの機能低下が確認されています。ミトコンドリアは主に脂肪をエネルギーに変換する器官です。癌細胞の超初期段階で生じる現象として、細胞の「ミトコンドリア機能低下」と「解糖系路の亢進」の2つの代謝変化が生じている事が突き止められています。

従ってミトコンドリアを活性化させる身体活動(有酸素性運動)を習慣として取り入れる事は、予防に繋がる可能性があります。また、肥満の解消にもなるので効果的なのではないかと考えられます。この辺りは今後の研究が待たれるところです。

生活習慣は健康と密接に関わってきます。

糖質の多い現代食、不活動が中心の現代人の仕事・日常生活、この2点は文明の発展と共に増加しています。発展して健康を失うのは良い事なのでしょうか。

健康の維持のため意識して行動を起こす(体型の維持、運動習慣と食事管理)ことが必要です。

 


参考文献

臨床雑誌 内科 109-112, 2016-01

新たな研究の紹介 -癌と代謝-

 


IGF CLOUD

IGF cloudは「インターネットの中にあるフィットネスクラブ」です。
IGF cloudでは、お客様の食習慣を個別に管理・評価を行います
加えて運動プログラムと身体づくりに関わるあらゆる情報を整理し、
それらをお客様へ提供する事で理想の身体へ導きます。