BLOG

  • 2022.09.11

運動と大腸がん:運動の安全性、実行可能性、有効性


大腸がんは世界で3番目に多いがんであり、2018年には約180万人が新たに診断されています。

診断時年齢の中央値は女性で69歳、男性で66歳であり、過去20年間、スクリーニング、診断、治療の改善により、生存率は最大で30%向上しています。現在、5 年相対生存率は 65%であり、大腸がん生存者は、女性・男性ともにがん生存者の中で最大のグループとなっています。

大腸がんの治療には、手術、放射線療法、化学療法、標的治療(単独または併用)があります。

診断された患者の大半(最大98%)が手術を受け、少なくとも3分の1が化学療法および/または放射線療法を受けます。手術は合併症のリスクが高く、患者の約3分の1が創傷合併症、胸部感染症、吻合部漏出、出血などの外科治療に関連した問題を経験します。

その他、補助療法に関連する一般的な副作用として、疼痛、脱力感、疲労、下痢、心毒性、腸機能障害、肛門機能障害、性機能障害、不安、うつ、体力・機能の低下、生活の質(QoL)低下などが挙げられます。

また、社会的役割機能の障害、特に地域活動、社会活動への参加、仕事や雇用を引き受ける能力の障害も、大腸がん生存者から報告されています。

さらに、30%以上の患者が疾患の再発を経験し、長期生存を脅かす一因となっています。

それでもなお、大腸がんを患い、その後も生き続ける人の数は増え続けることが予想されます。そのため、一般的な治療関連副作用に対処し、大腸がん後の生存の質と期間を向上させる効果的な戦略が必要とされています。

したがって今回は、大腸がん患者に対する運動の安全性や有効性に関する研究を紹介します。

方法:2020年1月1日以前に発表された大腸がん患者を対象とした無作為化対照運動試験についてデータベース検索を実施した。安全性(有害事象)、実施可能性(離脱率、アドヒアランス率)、効果データ(QoLを含む健康アウトカム)を抄録した。リスク差(RD)および標準化平均差(SMD)を算出し、運動療法と通常ケアの安全性と効果を比較した。運動モード、期間、監督、治療によってアウトカムが異なるかどうかを評価するために、サブグループ分析を行った。バイアスリスクはPhysiotherapy Evidence Databaseツールを用いて評価した。

結果:対象となった19試験について、運動と通常ケアの有害事象リスクには差がなかった。離脱率の中央値は12%(0~22%)、アドヒアランスは86%(42~91%)であった。QoL、疲労、有酸素運動体力、上半身強化、うつ、睡眠、体脂肪減少において、通常ケアと比較して運動の有意な効果が認められた。サブグループ解析では、監視付き介入ではQoLと疲労で、12週間以上の介入ではQoL、有酸素性体力、体脂肪減少で、化学療法中の介入では有酸素性体力で、より大きな有益性が示唆された。

結論:ほとんどの試験で安全性とコンプライアンスに関するデータの報告が不足していたが、今回の知見は、大腸がんにおいて運動が安全で実行可能であることを支持するものであった。さらに、監視のない運動を含む混合モードの運動への参加は、さまざまな健康関連アウトカムの改善につながる

運動は通常ケアと比べても安全に実施できるものであり、通常ケアには無い、QoL、疲労、有酸素運動体力、上半身強化、うつ、睡眠、体脂肪減少などのポジティブな効果があることも分かりました。

積極的に運動に参加することは、心身の健康、長期的な生存の質向上に繋がると考えられます。

また、運動(有酸素運動と筋力トレーニングの併用)を行うことは、死亡リスクの低減に繋がることもわかっています。

大腸がん経験者も健康で将来的な疾患を予防したい方も、運動はやった方が良いと言えるでしょう。


参考文献

Exercise and colorectal cancer: a systematic review and meta-analysis of exercise safety, feasibility and effectiveness

関連

ブログ目次

☆★☆★☆

パーソナルトレーナー 井上大輔

パーソナルジムIGF 日本橋駅徒歩1分

パーソナルトレーニングをご希望の方→カウンセリングはコチラ

IGFは日本橋で創業し6年の完全個室予約制のパーソナルジムです

お身体、運動、食事のお悩み、お気軽にご相談ください。