BLOG

  • 2019.06.07

IGFが目指す・提供するサービス ポリシー


元号も代わり【令和】となりました。令和の時代もIGFをよろしくお願いいたします!

IGFは、お陰様で多くのお客様にご愛顧頂いております。誠にありがとうございます!

これから来られるであろうお客様へ向けてのジム選びの参考として捉えて頂ければと思います。

また、以下に記載の事項は弊社のみならず、全てのフィットネスクラブ・パーソナルトレーニングジムで志向されるべき内容と考えております。他社をご利用の際も参考にされると良いと考えております。


IGFが提供するサービス、目指す効果は以下の通りです。

目指すもの

  1. 筋肉の肥大・筋力の強化・筋持久力の向上
  2. サルコペニアの改善(特に胃がん、食道がん術後)
  3. 適切な減量・ダイエット
  4. 代謝性疾患の改善(糖尿病、脂質異常症など)
  5. 姿勢・関節可動域など構造的部分の改善
  6. オンライン指導(1~4)

それぞれの目的に応じて、運動指導食事の管理で改善を図ります。

 

信念

ガイドラインや研究に基づき、個々の状態、生活習慣を把握し、個別のプログラムを作成・実行します。

したがって流行のトレーニングや流行の機材を用いる事は殆どありません

主に提供するのは伝統的(Traditional)な手法です。流行りに流されるのではなく、安全性・確実性の高いトレーニングを最優先します。

代表からのご挨拶

一生のパートナーとして尽力致します。

 

  1. 筋肉を守りながら脂肪を落とす
  2. 筋肉を増やしてより健康な状態を目指す

これを根幹として指導していきます。

※「2ヶ月で-15㎏!!」といった超短期的な指導はできるけど望ましくないので前面に打ち出していないという事です。しかし、お客様が求める場合においてはそれを全力でサポートします。

 

弊社で有している設備

Ⅰ.筋力トレーニング機器(日本橋本店:ダンベル、バーベル/茅場町店:ダンベル、ファンクショナルトレーナー)

Ⅱ.身体測定機器(InBody、握力計、血圧計、血液検査キット)

Ⅲ.その他フィットネスツール(吊り輪、ゴムチューブ、バランスボール、マットなど)

Ⅳ.飲料水(ミネラルウォーター)

Ⅴ.必須アミノ酸(トレーニング後に特に必要と判断した方に飲んでいただきます)

トレーニング機器はマシンではなく、最も効果が高いダンベルとバーベルです。伝統的なトレーニングを個々の体力レベルに応じて処方します。

測定機器InBodyは最新のもので、体重、筋肉量、脂肪量、骨ミネラル量等が詳細に分かり、瞬時にグラフ化されます。これまでの成果が一目で分かりますので、では明日からどう過ごすのがよいか?といった今後の適切な対応が取りやすくなります。

また、傾向が視覚化できるので自分がどの方向に向かっているのか分かります。これはモチベーションにも繋がります。

必須アミノ酸は、筋肥大のためのアミノ酸をご覧ください。トレーニング効果を最大化させるためのサービスです。他社との違いはプロテインではなく必須アミノ酸を提供する点です。

 

システム

1.初回カウンセリング・体組成測定・目標設定

2.体力測定・トレーニング・食事管理の開始

3.定期体力測定・目標再設定

...以下繰り返し

4.ご継続(コースorオンライン) 又は 自己管理

初回カウンセリングは無料です。お気軽にご相談下さい。

一定期間トレーニングに励んだ後は引き続きご継続か自己管理で維持を図っていく事になります。

ご継続の場合は、コースを追加でトレーニング計画を再構築し、引き続きしっかり鍛えていきます。

ご継続コースでは週1回程度の維持コースがあり、1ヶ月あたりの費用が一般的なフィットネスクラブでパーソナルトレーニングを受けるのと変わらなくなります。長期で身体づくりに取り組めるシステムにしております。

会員様専用の料金プランとなり、HP記載の料金とは異なります。長期で取り組みやすい価格と設計になっております。

オンラインの場合はトレーナーまたは管理栄養士が食事を管理し、自宅トレーニングの提案を行います。自己管理をサポートするシステムです。

 

料金

料金について

 

無料カウンセリングのご予約・お問い合わせは問い合わせフォームにてご連絡下さい。※お電話の場合は他お客様対応中の為、出られない可能性が高いです。


モニター

【公開】40代 女性のダイエット

【症例】69歳 食道がん術後リハビリ&筋肥大

【モニター】オンラインダイエット 女性

【モニター】オンラインダイエット 男性

参考

パーソナルトレーナーを付ける良さと選び方

有酸素運動のガイドライン

筋トレは糖尿病に効果的

筋肉量を増量させるには –運動編栄養編サプリメント編